CAKI-COMMUNE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CAKI-COMMUNE

社内SEとフリーランスという働き方

邦画ランキング 私がおすすめする笑いあり感動ありの映画を30作品、紹介します。

邦画 おすすめ ランキング

 こんばんは。社内SE&ひよっこブロガーのかじっくす(@tomo345)です。

年間邦画に限ってですが、数十本の映画を見る私がおすすめする作品をこちらの記事にまとめました。「週末何か映画見たいけど迷っている」、「感動・笑いが欲しい」問い方はぜひぜひ参考にしていただけたらなと思います。

Sponsored Link

 

おすすめの邦画ベスト30

1.インスタント沼

 

 困った時は蛇口をひねれ。麻生久美子大好きなのもあり、すごく大好きな作品。
三木監督作品ですので、時効警察のようなシュールなネタも必見です。主題歌は大好きなYUKI「ミス・イエスタデイ」

2.間宮兄弟

 

 原作は江口香織さん。30代になっても仲良く暮らす兄弟。日常生活にある小さな幸せを見出しながら生きて行く姿はほっこりして、胸キュンです。何ごとも気持ち次第で幸せに感じられるのかもしれません。出演陣も豪華で、沢尻エリカと北川景子の姉妹役は必見です。

3.キツツキと雨

 

 とある村で映画を撮ることになった若手映画監督、幸一(小栗旬)。そんな村で出会った林業を営む克彦(役所広司)。最初は嫌がっていた克彦だが、徐々に映画の魅力にはまっていき、協力的になる克彦。一方、幸一は映画監督として悩み、苦しんでいた。そんな二人が映画を通して奇跡を生み出していく。シュールな場面もたくさんある中で、メッセージ性もとても強い映画です。様々な決断において葛藤されている方、オススメです。

4.南極料理人

 

 またまた沖田監督の作品です。南極にあるドームふじ基地へ観測隊の料理担当として派遣された主人公西村(堺雅人)。過酷な現場ながらも料理を通して、いろんなヒューマンドラマが繰り広げられます。おっちゃん達は中学生のようにはしゃいだり、発想が幼稚だったりするところも面白いです。南極という極限の環境だからこそ、ふだん眠っている大事な価値観ってものが表に出てくるのではないでしょうか?当たり前のことなんて、この世にないのです。

5.しあわせのパン

 

 りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は東京から北海道の月浦に移動し、パンカフェ「マーニ」を経営する。そんなにマーニにいろんな事情を抱えたお客さん達が集まってくる。パンと自然を通して、複雑な感情がいつのまにかスっと軽くなる。いつかこんな大自然でお店を開いてみたいね。主題歌の忌野清志郎、矢野顕子「ひとつだけ」もすごく映画にマッチしてて素敵です。

 6.曲がれ!スプーン

 

 真実だけが全てじゃない信じることで救われるって嘘じゃないなぁって思えるようなハートフルな映画でした。またまた主題歌はYUKIの「COSMIC BOX」。泣ける名曲です。

7.僕達急行 A列車で行こう

 

 登場人物の名前が全て電車の名前というユニークさ。電車オタクの二人が協力して仕事に恋愛に立ち向かっていきます。これ見ると、何か好きなものがあるっていいなぁって思えるし、そういったことが意外と大事な場面で活きてくるんだなと実感できます。急がば回れってことです。

8.横道世之介

 

 またしても沖田監督の作品です。お人好しな主人公、横道世之介を中心に取り巻く日常を描いた作品。なんか中学、高校の頃あんなやついたなぁって思うときないですか?当時すごい仲良かったりしたのに。そんな、懐かしい青春時代を思い出させてくれるような映画でした。同窓会とか開きたくなる。笑

9.舟を編む

 

 三浦しおんさん原作。原作もかなり話題になりました。とにかく、ストーリーがとても面白いです。また主演者も松田龍平、オダギリジョー、宮崎あおいと個人的に大好きな俳優さんばかり。仕事に対する意気込みがかわります!

10.アフロ田中

 

 こないだ、高校時代からの友人の結婚式の披露宴でスピーチしてきたんですが、この映画を思い出しました。バカなことやってた男子は必ず共感できると思う。青春時代を思い出すことができます。結婚式のスピーチを控えてる方、ぜひ見てみてください。

11.モテキ

 

 サブカル好きにはたまらない作品。主人公のユキオくんは、アニメ、漫画、音楽オタク。そんな彼に突然訪れるモテキ・・・。長澤まさみ演じるみゆきちゃんはめっちゃやばいです。「惚れてまうやろ〜」って絶対言っちゃう。まさに、笑いあり、感動ありの作品です。

12.カラスの親指

 

 ベテラン詐欺師のタケ(阿部寛)、マヌケな相棒のテツ(村上ショージ)が繰り出す一大詐欺大作戦がメインストーリー。最初から最後の最後まで面白く、目が離せません。スカッとする爽快さも兼ね備えてます。また能年玲奈と石原さとみが姉妹役って贅沢!

13.桐島、部活やめるってよ

 

 バレー部のキャプテンである桐島が部活をやめたことによって周囲の友人関係がめちゃくちゃに・・・。いつもは目立たない映画部のプロ意識に感動。また、同じ時間軸をいろんな登場人物の視点から描く斬新な構成も面白い。あと、女子こわーいってなりました。笑

14.キサラギ

 

 マイナーアイドル如月ミキが自殺して1年。ファンサイトの常連である5人が集まり1周忌を行うことに。思い出話で話が膨らむはずだったが・・・。かなり評判も高い、この映画。俳優陣もめちゃくちゃ豪華。オタク最高って思えるような内容です。

15.ソラニン

 

 漫画をさることながら、映画も大反響でした。日常、そばにいる人を大切にしたくなる映画です。また、主題歌アジカンの歌うソラニンはもう心の奥底まで沁みます。

16.フライ、ダディ、フライ

 

 会社員と高校生との間に生まれる友情。大人だって夏休みに何かを懸けたいんだ。スカッと爽快、そして最後に感動。ぜひぜひ、夏季休暇に見てみてください。

17.お父さんのバックドロップ

 

 父と息子のプロレスを通したど直球映画。父親にコンプレックスを抱くことってあるよね。でも父親だってやりたくないことやらなくちゃいけない時がある。子どものために。見終わったあとには父へのリスペクトが残ります。

18.サマーウォーズ

 

夏休みに仮想空間OZの中で繰り広げられるネットワーク戦争。まさにサマーウォーズ。便利な社会になったからこそ、家族や友人とのつながりが大事なんだと思える作品。ブルーレイボックスも購入しました。

19.おおかみこどもの雨と雪

 

 ぜひ親子で一緒い見てほしい作品です。お母さんって強いんだなぁって思えたし、なんか感謝の気持ちが湧き上がってきました。

20.秒速5センチメートル

 

 学生時代に見た衝撃は忘れられません。短編ストーリー3話の構成となっております。大人になるにつれて大切な人を失っていく。みんな進むスピードは違うのだから。初見の人は絶対、胸うたれると思います。

21.時をかける少女

 

 夏のアニメと言えば、こちらも外せないでしょう。細田監督の名作。時をかける少女、通称「時かけ」。時を飛び越えるタイムリープの能力を身につけた真琴。本当に大切なものは何なのか。高校生の間に見ておくべき映画のひとつです。炎天下の下でキャッチボールしたくなります。

22.涙そうそう

 

 何度見ても号泣してしまいます。誰かのために泣く事ができるって素晴らしいと思う。恋人、兄弟、両親を大事したいと思えるような映画です。

23.ウォーターボーイズ

 

 映画もドラマも一大ブームを巻き起こしたウォーターボーイズ。文化祭でウォーターボーイズをやろうってなった学校も当時は多かったと思います。何かに夢中になれるって素晴らしい。笑いもあって感動もあって、スカっとする爽快感も兼ね備えた映画です。

24.ピンポン

 

 なかなか珍しい卓球の映画です。気分屋のペコと卓球は暇つぶしというスマイルの高校生二人が徐々にヒートアップしていく様は見ててこちらも奮い立たされます。毎年夏になると、一度は見たくなる。

25.グッモーエビアン

 

 大泉洋、麻生久美子の二人の共演。自分にとって最高のキャスティングです。自由気ままな男と寛大な母を受け入れられない思春期な娘を中心に、様々な経験を経て成長していく姿を映し出す映画です。

26.下妻物語

 

 田園が広がる茨城県下妻市。そこでロリータ少女桃子(深田恭子)とヤンキー少女イチゴ(土屋アンナ)が出会う。全くもって真反対な2人が繰り出す友情物語はファンキーでとても面白い。各キャラクターも濃いのも良。

27.クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

 

 クレヨンしんちゃんの映画シリーズの名作の一つ。昔の方が良かったと思うことはたまにある。あの頃に戻りたい・・・。そんな誰しもが思う葛藤を描いた作品。この作品においては、敵はいないと思います。どちらの言い分もわかるし、たいへん考えさせられます。まさかクレヨンしんちゃんでこんなにも感情が動くのかと・・・。感動間違いなし。

28.クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦

 

 こちらも感動間違いなしのクレヨンしんちゃん映画シリーズの名作。戦国時代にタイムスリップするというSF要素も入っております。守りたい人のために戦い抜く姿は、現代にも通じるのではないのでしょうか?そう思えるような人がいるだけで幸せなんだなぁ。きっと。

29.男たちのYAMATO

 

高校生の時に父親と映画館に観に行きました。日本のために戦った人たちの生き様。負けるとわかっていても、戦わなければいけない。戦争を知らない僕世代には、かなり胸に突き刺さりました。 

30.恋の渦

 

モテキの大根監督の作品です。全て部屋の中で撮影を完結させたという斬新さ。

男と女のちょっと悪い部分がうまく表現されており、共感しやすい内容になっています。笑い、感動ではないのですが、番外編として入れておきました。

 

まとめ

自分なりに邦画30作品を選出してみました。前置きにもあるように私はのほほんとしたほのぼの映画が好きなので、そういった観点で選出しております。

何かいい映画みたいなぁ。くすっと笑ったり、時には泣きたいときにはぜひ参考していただけたらと思います。

Sponsored Link

 

Sponsored Link

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援される方、ランキングに参加しております。クリックにご協力を。